浜松市|住宅会社

浜松市の住宅会社アサヒビルドからお客様の声

 
当社が住まいづくりのお手伝いをさせて頂いたお客様の声をご覧下さい。

磐田市S様邸

サムネイル

 家を建てるために土地探しをしていた時、希望していたエリアの住宅分譲地周辺を見て回っていましたが、たまたま辿り着いたところでアサヒビルドさんの住宅分譲地を見つけました。希望通りのエリアであること・見晴らしのいい立地と直感でこの土地にしようと決め、アサヒビルドさんに連絡をしたところ営業担当の方がいろいろとよくして下さったこともあり、私たちの家づくりをアサヒビルドさんにお任せすることにしました。
 外観の色はいろいろな新興住宅を見て回ったり多くのサンプルを見ながら検討を重ね、夫婦2人で決めました。屋根のグリーンは2人とも好きな色だったため他の色は考えていませんでした。外壁は色調が3段階で変わっていくようにして、玄関面を強調できる濃い目の外壁を選び気に入った外観に仕上がりました。
 内部では照明をLEDにしてよかったなと思います。明るさも十分ですし、今後のランニングコストの変化が楽しみです。
 玄関クローゼットや小屋裏収納もついていて便利ですが、うちは家族が多く個人の部屋の収納がもう少し取れればよかったと思いました。また対面キッチンの後ろの奥行きにもう少し余裕があると家事がスムーズにできたのではないかとも感じています。
 家が完成するまであらゆることにおいて営業担当・現場担当の方に相談に乗っていただき感謝しています。
 なによりも家族みんなで楽しく暮らせる住まいができたことを本当にうれしく思っています。(ご主人様・奥様談)
*S様邸完成物件紹介記事はこちら

浜松市I様邸

サムネイル

 私共が持っていた借地の件で偶然アサヒビルドさんの営業の方とお話しする機会があり、土地の話やこれまで住んでいた家が築50年経っていたこと等をお話していく中でいろいろとアドバイスを頂き、家を建て替えることとなりました。
 建て替え前の家では空間を狭く感じていたこともあり、新しい家では部屋を広く取れるように間取りを考えました。最初の打合せの段階より部屋を広くしたことが快適さにつながってよかったと思います。メーターモジュールなので尺モジュールより少し広いのも気に入っています。
 外壁の色や内部建具、キッチンやお風呂などの住宅設備の色決めは2人で一緒に決めていきました。外壁のブラウンは落ち着きのある外観に仕上がって満足しています。キッチンやお風呂は部屋を明るくしてくれるベージュ系を選びました。
 以前の家は築が古かったこともあり、キッチンやお風呂の使い勝手がいいのは本当に便利で助かっています。キッチンは作業性がよく、造り付けのカウンターは家電置きとして使っています。お風呂の空間も今までより広く、浴槽も大きいのでゆったりとお湯に浸かることができて快適です。
 収納が各所に設けられていて便利ですが、2階の洋室に収納をつくればよかったと思いました。私(ご子息様)が主に過ごすのが2階ですので、2階にも洗面化粧台をつけたらもう少し便利だったかなと感じています。
 これまでの住まいに比べると、広さも設備も充実していて快適に暮らすことができています。
 最初から最後まで何度も打合せをして細かなところまで配慮していただいたおかげで、満足のいく住まいができたことを本当に感謝しています。(お母様・ご子息様談)
*I様邸完成物件紹介記事はこちら

磐田市S様邸

サムネイル

 3年前から家を建てる計画があり、これまで住んでいた家の土地が少し狭いと感じていたためいろいろな住宅分譲地を見て回っていました。なかなか条件に合う土地が見つからずなんとなく通りかかったところに3区画分譲されている土地を見つけ、立地も土地の広さも気に入ったので案内看板を見て連絡したことがきっかけとなり、アサヒビルドさんに家づくりをお願いしました。
 外観でとても気に入っているところはタイル貼りにした南側の玄関面です。ベースを淡い色にしたので、コントラストをつけるためにダークカラーのタイルにして表情をつけました。玄関引戸も開口が広く取れるので便利で気に入っています。
 間取りでは収納をたくさんつくってよかったと思います。収納内に棚が付いているので分別しながら収納できる使い勝手の良い収納となりました。小屋裏収納も十分な広さがあり、ひな人形や五月人形など使用頻度の低い物を収納しています。
 1階の和室はお母様の要望で続き間にして、1室は常に客間として使えるように、また襖を外して大広間として使えるようにしました。和室の塗り壁の色はお父様が、桜柄の襖はお母様が壁の色と合わせて決めました。明るい中にも落ち着きのある空間になってよかったです。
 1階の床は無垢材の桧か杉で検討しましたが、桧の方が硬くて強度があるので桧に決めました。部屋の雰囲気も明るくなって自然のぬくもりが感じられるので気に入っています。
 バルコニーは広々としていて奥行きがあり、洗濯物はもちろん布団干しも楽にできて便利です。
 何度も打合せを繰り返し、納得のいくまでお話をして決めていったので本当に満足のいく住まいができました。(お母様・奥様談)
*S様邸完成物件紹介記事はこちら

浜松市M様邸

 家を建てるきっかけとなったのは、家族が増えアパートが手狭になったことでした。土地探しで数社をあたっていき、アサヒビルドさんが紹介してくれた土地を気に入ったことからアサヒビルドさんとの家づくりが始まりました。
 外観は私(ご主人)が好きなブルーをアクセントカラーにし、思い通りの外観に仕上がりました。玄関面だけチャコールにしたのは、いろいろな建物を見ていいなと思ったところがあったのでアクセント的に雰囲気を変えました。
 間取りはシンプルにし、デザインよりも風通しを重視して窓をたくさん設けました。窓から心地よい風が入ってきて快適な家になりました。
キッチン背面のカウンターや横の可動棚は食器の収納や家電置き、作業スペースとして使っていますがとても便利で気に入っています。
2階南側の洋室は将来分割できるように広くとっていますが、現在は家族5人で寝室として使用しています。
書斎は旦那様の趣味で使い、落ち着ける空間にするためダーク系の色でまとめました。まだこれから本格的に整理していきますが、ゆっくりと趣味に没頭できる空間が出来て満足しています。
 広々としたLDKに隣接した和室、2階の将来仕切れるようにした洋室など、家族がいつもつながっていられる空間があり、にぎやかに楽しめる快適な住まいができ、とてもうれしく思います。(ご主人様・奥様談)
*M様邸完成物件紹介記事はこちら

浜松市T様邸

 家を建てる主なきっかけとなったのは子供が成長したことで、これまで住んでいた2DKのアパートでは来年中学生になる子供にも不便をかけるし、より広いアパートを借りて家賃を払い続けるよりも家を建ててしまった方がいいと思ったからでした。アパートのある町内でアサヒビルドさんが建築中の家を見て、そのすぐそばの土地が売りに出ていたのを不動産情報誌で知って問い合わせたのがアサヒビルドさんを知ったきっかけでした。
 外観はありふれた感じはしたくなかったので、屋根と玄関をグリーンにすることを前提として、サッシはアクセント的にするためブラウンに、外壁はサイディングでパターン貼り分け、色は紫に近い暖色系を使いたいと考え、いろいろと提案していただきました。実際に外壁が貼られるまではどんな風になるかイメージも沸きませんでしたが、外観が出来上がったのを見てとても満足できるものとなりました。
 間取りはLDKと和室の隣接したつくりが気に入っています。LDKと和室がつながると多目的に使えるのでとても便利です。またLDKのアールの開口は妻のたっての希望で設けました。
 収納に関しては、玄関クローゼットには棚が2段付いているので本当に便利で助かっています。外で使うものを収納していますが、棚があることで物を床置きすることなく整理整頓しながら空間を有効に利用しています。
また階段下収納は当初奥行きを2mでしか考えていなかったのですが、奥行きを増やし階段下のスペースをすべて活用することで大容量の便利な収納空間になりました。
 設備では浴室がとても気に入っています。浴室の換気暖房乾燥機にはプラズマクラスター機能がついているので常に清潔な状態で浴室を使えます。暖房機能はまだ使っていませんが、これから寒くなるので使うのが楽しみです。またバスタブが広いのでゆったりと全身を浸かったりバスタブ内のベンチで半身浴したりとバスタイムを楽しんでいます。
 あまり人と同じような感じにはしたくないと思い妻と相談しながら決めていき、外部・内部共に冒険もしましたが出来てみるとしっくり来たりして「やってよかったな」と思うことがたくさんありました。
 家族が快適に暮らせる住まいが出来てとても満足しています。(ご主人様談)
*T様邸完成物件紹介記事はこちら

浜松市T様邸

100623

 家を建てるきっかけとなったのは、十分な資金の準備が整ったことと年齢やローンの支払いなど今後の生活を考えたことでした。
マイホームのための土地探しの条件は、主人の実家が近く日当たりの良い場所である事。数ある不動産情報の中から、アサヒビルドさんの扱う土地が自分達の希望に適うものと思い、土地・建物の両方をお任せしようと決めました。
 家の外観は落ち着いた雰囲気にしたかったので、ベースに淡いベージュを使用し、アクセントに濃いブラウンの木目を入れました。当初木目はベランダ部分にのみ使用する予定でしたが、何度か外観プランをシミュレーションした結果、ベランダ部分にだけでなく側面にも木目を貼り分ける事にしました。全体の柔らかい色合いがぐっと引き締まり、とても素敵な外観になったと感じています。
 室内でこだわったところは、玄関に造ったカウンターです。これは熱帯魚の水槽を置くためのディスプレイスペースで、これまで趣味として飼っていた熱帯魚を、新しい住まいでも継続しようと思い設置しました。
LDKのキッチン横には、開口とマガジンラックが付いた袖壁を造りました。玄関ホールやリビングからの視線を程よく遮りながら人の気配を感じる事が出来ます。リビングにはスポットライトを取付け、丁度照明が当たる位置にピアノを置く予定です。近い将来は娘が、そしてゆくゆくは自らの趣味として使用していこうと考えています。
明るく柔らかな雰囲気の和室は、想像以上に素敵な空間となってお気に入りの部屋になりました。障子や襖、照明も和室に合った物を使い、満足しています。また和室と玄関との境の壁面にはお洒落なガラスブロックを取付け、アクセントとしました。
大容量の小屋裏収納は打合せ当初からお願いしていたものです。小屋裏とは思えないほど広く明るいスペースで、満足の行く空間となりました。
2階のベランダには物干し金物が付いているので洗濯物がたくさん干せ、取込んだ衣類をすぐにタンスやクローゼットにしまえます。各部屋から出入りする事もでき、洗濯物を抱えての移動が行い易く便利です。
 マイホーム建設中は、大工さんや社員の皆さんがとてもフレンドリーだったおかげで色々とお話を伺う事ができ、たいへん楽しい時間が過ごせました。この新しい家で家族皆が健やかに楽しく過ごして行くんだと思うと、これからの毎日がとても楽しみです。(ご主人様・奥様談)
*T様邸完成物件紹介記事はこちら

浜松市H様邸

100303

 家を新築するきっかけは、以前住んでいた地域で区画整理が行われたことでした。
アサヒビルドさんの紹介でこの土地を勧められ、息子の通勤の便も良かった事と社長さんにとても良い対応をしていただいた事から「アサヒビルドさんにお任せして、ここで家を建てよう」と決意しました。
 私も息子もメリハリのあるはっきりとした色の組み合わせが好きなので、外壁は全体を淡いベージュ色とし、屋根やサッシはブラック系の色に統一しました。濃淡のコントラストが美しく、シンプルでありながらパッと人目を引きつける仕上がりにとても満足しています。
 以前まで住んでいた家は部屋の壁を白で統一していたので、今回新築する家も白でまとめました。室内は明るく清潔感があり、以前の家の面影も感じる事ができてとても落ち着きます。鮮やかで明るいフローリングの色も気に入っています。キッチンは当初、ベースカラーを赤にしようか迷っていましたが、社長さんからのアドバイスを受けて床の色とも馴染む優しいベージュの物に決定しました。
和室には以前から使っていたタンスと鏡台を運び入れて使う事にしました。空間と家具が上手くマッチして、素敵な雰囲気のお部屋になりました。また、質の良い畳を使用していただきとても満足しています。床の間のスペースには、これから花等を飾っていきたいと思っています。
浴室・洗面所・トイレなどの水廻りは当初室内をホワイトベースの空間にする方向で進めていましたが、「ピンクを取り入れると部屋が明るくなりますよ」とアドバイスを受けて、淡いピンクの設備機器(バスタブ・洗面ボウル・トイレ本体)を使う事にし、壁紙も薄いピンクが混ぜ込まれたクロスを使用しました。おかげで水廻りはお洒落で明るい空間になりました。
2階から1階を見下ろせる階段は、階下の音や声が程よく通り、2階にいても人の気配を感じられるので気に入っています。LDKに取付けたカーテンの色・柄も上品で、隣接する和室の雰囲気を崩す事無く空間に馴染んでいます。
また、玄関ホールとLDKの出入り口にはアウトセットの引き戸を設けたのですが、「想像以上にお洒落でスタイリッシュなデザインだね」と2人で大満足しています。
 全体が綺麗で明るく満足のいく出来栄えとなり、これからこの家での新しい生活がとても楽しみです。
 土地探しから住宅施工まで一貫して親身に対応して下さった社長さんをはじめ、社員・職人の方々に深く感謝しています。
 センスの良いアドバイス、きめ細やかな心配り、本当にありがとうございました。(お母様・ご子息様談)
*H様邸完成物件紹介記事はこちら

浜松市I様邸

100304

 家を建てようと土地探しをしていたところ、アサヒビルドさんが紹介していた土地情報を見つけ、社長さんに対応していただいたのがアサヒビルドさんを知ったきっかけでした。
社長さんの対応が非常によかったので、妻と話し合って土地探しから建物まで全てをアサヒビルドさんにお任せすることにしました。
 外壁の色はグレーやベージュ等のニュートラルカラーを避け、汚れの目立ちにくい黒をベースに玄関とバルコニーを白にしてメリハリのある外観にしました。
 うちには小さな子供がいるのでドアを開く時の危険を防ぐために、開き戸をやめて玄関はスライディングドアに、内部建具は引戸にして子供にも安心な住まいにしました。
また共働きのため、妻も私も集中して仕事が出来るように各階に書斎を設けました。
ガレージはバイクを2台置ける広さを確保し、収納棚を後でつけて使い勝手のよい空間になり気に入っています。
 社員の方をはじめ職人さんにもいろいろと提案してもらえたことがとてもよかったです。(ご主人様談)
*I様邸完成物件紹介記事はこちら

浜松市S様邸

サムネイル

 私共は4年前に家を建てましたが私が経営しているエステティックサロンが忙しくなり、住み替えを検討し始めたのが新築するきっかけでした。それまで住宅の一部屋を店舗として使っていましたが、利便性を考え店舗と住宅を兼ねた家が欲しいと思っていました。また、敷地が狭くお客様専用の駐車場がなかったため多くのお客様にご不便をおかけしていたこともあり、駐車スペースを広く取れる土地を探していました。子供の通う小学校区で探していたところ、ある日の静岡新聞の広告でアサヒビルドさんがここの土地を売りに出していることを知り、電話をしてお話を伺いました。電話の後すぐに訪問していただき、素早い対応がとてもよかったです。
 間取りは店舗兼用住宅と言うことで時間をかけて考えました。店舗と住宅は別でありながらも、行き来ができる動線が欲しかったのでそこにこだわって考えていきました。
LDKは前の家と比べると2帖くらいしか広くなっていませんが、とても開放的でより広く感じることができます。キッチンについては、以前アサヒビルドさんで建てられた方のお宅でアイランド型オープンキッチンの配置を見せていただき、それがとても気に入ったのでうちでもそれを取り入れました。
 外観は来店されるお客様、若い方からご年配の方まで皆様にかわいいと感じていただけるようなものにしました。南欧風外観で外壁の色もイメージにぴったりで気に入っています。
 店舗のエントランスにはアール形状のポーチとアール玄関ドア、やさしい光りを放つランプ型の玄関灯があり、自慢できる素敵な仕上がりになってとてもうれしく思います。
インテリアに関しては、照明やカーテンをこだわって決めていきました。特に気に入っているのがエステルームの仕切りカーテンとリビングの照明です。リビングの照明はキャンバス地であたたかみのある灯りが気に入っています。カーテンも各部屋の雰囲気に合ったものをつけることができました。
 店舗の玄関もお客様が来店した時の雰囲気を大切にしたかったので、イメージ通りの空間が出来上がって満足しています。
 担当者の方にはいろいろと相談に乗っていただいて、密に連絡がとれたのですぐに対応していただけたのがよかったです。外壁の一角には家族全員の手形をつけさせていただき、記念に残る家づくりができてとても満足しています。(奥様談)
*S様邸完成物件紹介記事はこちら

浜松市K様邸

080910

 新築を考え始めたきっかけは、両親が住む家の隣の土地を売却する計画があると言う話を地主の方から伺ったことでした。その後この土地を取り扱っていると言うアサヒビルドさんを紹介していただき、土地の売買が順調に行われ同時に建物の間取りを決定していきました。
 外観のこだわりとしては、上下階での白とチャコールの色分け、屋根は片流れのシャープな形でありながらもバルコニーはアールの曲線でコントラストと変化をつけ、大変気に入っています。
 間取りについては、店舗兼住宅と言うことで両親と主人と私の4人で使い勝手を第一に考えて決めていき、満足のいく間取りができました。特に、オープンキッチンは子供の様子を伺いながら安心して家事が出来るのが気に入っています。システムキッチンにも収納がたくさんついているので、物が多くなりがちなキッチンをすっきり片付けることができます。
また、2階に洗面室と浴室を配置したことによって、1階はパブリックスペース、2階はプライベートスペースに分けられたのはとてもよかったです。
1階トイレの手洗い付カウンターは、カウンター幅を利用した省スペースの手洗いで収納もついているのでとても便利です。
 バルコニーはアールがあることによって通常の箱型よりスペースが広く取れ、洗濯物を干すスペースが確保されているので満足しています。収納もウォークインクローゼットの中にさらにクローゼットをつけたり、子供室にも大きめのクローゼットをつけて収納力の確保ができました。
 インテリアに関しては、白をベースとした様々な柄のクロスを使い明るい空間ができました。店舗の腰高で切り替えたクロスは、以前前の家でリフォームをした時のダイニングのクロス貼りを参考にして、変化のある空間になりました。
 全体的にはメーターモジュールでつくられているので、尺モジュールよりかなり広く感じられるのがとてもいいと思います。間取りも使い勝手がよく満足の行く家ができました。(奥様談)
*K様邸完成物件紹介記事はこちら

浜松市M様邸

080910

 新築を考え始めたのは子供ができたことがきっかけでした。それより前の1,2年前から家を建てようかなと言う考えはありましたが、本格的に探し始めたのは昨年の2月くらいからで住宅展示場を回ったりしていました。私が希望していた高台地区と言うことと家内の実家が近くにあったこともあり、ここの土地を見つけてアサヒビルドさんとの打ち合わせが始まりました。
 外観でこだわったところは、濃い色と薄い色のサイディングをツートンで配色したことです。ロケーションを活かして子供室から景色が見えるようにサッシを配置して、バルコニーも景色を楽しめるように広めに取りました。
間取りでは、LDKとバルコニーを広くとったところがポイントで、子供室を将来2つに仕切れるようにしたこともこだわった点の1つです。

 インテリアのポイントは建具と床の色のコントラストです。雑誌で見たカリンの色が気に入っていたのでその色を1階の床の色に使い、建具を明るい色にしました。2階には寝室があるので落ち着いたダーク色の建具を配し、床は逆に明るいナチュラルな色にしました。また1階の化粧筋交いは南向きであることから光も入って広く見え、LDKのアクセントになっているのも気に入っています。
 特に気に入っているところは、広いバルコニーとキッチンスペースです。キッチンに至っては時間を掛けて何度もプランを練り直し、アイランド型の理想どおりのキッチンスペースになりました。スペースは狭いながらも広く使えるように配置できたので、試行錯誤した甲斐がありました。
 理想の住まいができて本当に満足しています。(ご主人様・奥様談)
*M様邸完成物件紹介記事はこちら

浜松市O様邸

浜松市O様邸

 新築を考え始めたきっかけは、主人が外構業を営んでいてその資材置場が必要になったことでした。
 間取りに関しては何度も何度も試行錯誤を繰り返し、ようやく『これ!』と言うものに巡り合いました。家づくりのイメージはモダン。雑誌等を見て「こんな風にしたい」と言うイメージを伝えました。その中の一つが、LDKの床下照明。部屋の照明を消すと、幻想的なLEDのやわらかな灯りが部屋を包み込んでくれます。また造作でLDKにはテレビ台を、和室には主人が好きな日本酒の一升瓶の飾り棚と、折りたたみ可能な机(主にパソコン机として使用)をお願いしました。和室はお客様が来られた時に使う予定です。カラーリングはご主人様のラッキーカラーであるダーク系カラーを用い、主に白と濃いブラウンでまとめました。

 住んでみて気に入っている点は、キッチンとキッチンカウンター(ダイニングテーブル)。L型の対面キッチンは子供の様子を見ながら家事ができ、またダイニングテーブルとして使っているカウンターも思ったより使いやすく、片付け時に便利です。引越しが終わって飼い始めた愛犬も新しい家族と新居を大変気に入っている様子で、元気に走り回っています。(奥様談)
*O様邸完成物件紹介記事はこちら

浜松市M様邸

浜松市M様邸

 家づくりの際にこだわったのは『和』のイメージ。それは主人と私が同じ意見でした。特に玄関正面に設けた大黒柱は大変気に入っています。また真壁造りの和室の仕上がりにも満足しています。
 私が要望したことは、とにかく収納をたくさん作って欲しい、と言うこと。少しのデッドスペースも見逃さず収納を設けたことは大変助かっています。何度も練っただけあって回遊式の(行き止まりのない)間取りは動きやすく快適です。床材や建具などの素材や色合いは主人の好みでこだわり抜かれました。
住 んでみて良かったところは、対面式のキッチンとカウンター。カウンターがあることで食べ終わった食器を家族がカウンターまで運んでくれて助かっていますし、また幼い子どもがいるので家事をしながら目を配れる点も対面式のキッチンの良いところです。日当たりのいい我が家でこれから過ごす生活が楽しみです。(奥様談)
*M様邸完成物件紹介記事はこちら

袋井市S様邸

袋井市S様邸

 きっかけは今住んでいる家の隣の土地が売りに出されたことでした。隣地が売りに出されてから約1年後に下水工事が行われると言うことで、それまでに完成するのを目途に間取りを考え始めました。何度も間取りの変更を繰り返し、最終的に「これしかない」というプランに出合い、着々と工事が進行。

 間取りを考えた時に希望したことは対面式キッチン。幼い子供が3人いらっしゃる奥様にとって、家事をしながら子供を見ることができるのは以前からの願いでした。そして、もう一つが収納のこと。各部屋に収納を設けるのは勿論ですが、小さな多目的スペースを作ることで子供部屋としても、独立した後はウォークインクローゼットや納戸として使うことができるようにしました。
 奥様の言葉で印象的だったのが、「収納を減らして部屋を大きく見せても結局タンスなどを置けば部屋は小さくなってしまう」と言う言葉でした。また当初はLDKに小さな畳コーナーをと思っていましたが、友人や家族の意見も聞いて『和室』という独立した部屋を作り、来客時等に使うことができるようにしました。

 色決めの段階で希望したのはナチュラルイメージ。家族が集うLDKは木目のきれいな優しい茶色、子供部屋は明るく元気なイメージで白を、ご夫妻の寝室は落ち着いた茶色と、完成したものを見ても大変満足のいくものになりました。一番心配したのが施工前ではイメージしにくい外壁の色。優しい白とベージュの色合いがうまくまとまったと思います。
 年内に引越しを終え、年越しを新しい家で迎えるのが楽しみです。(奥様談)
*S様邸完成物件紹介記事はこちら

現在地:トップページお客様の声